Wi-Fiを使う場所ごとの確認点

Wi-Fiを生活に導入するタイミングは人それぞれです。Wi-Fiの使用の方法には有線LANでの接続と同じように、インターネットの接続をするために必要となる電波を発信するための回線の工事が必要な方法と、ルーターがあればそれだけでインターネット接続が可能になるモバイルルーターの2種類が挙げられます。

このうち最初に紹介した据え置き型タイプのルーターを使いたい場合には、回線工事が必要な場合が多く、この工事前に確認しておきたい点があります。それはこれからインターネット接続利用する予定の場所がどんな場所なのかについてです。なぜこのような場所を確認する必要があるのかというと、これからインターネット接続を利用しようとしている環境によって回線工事が必要なのか必要でないのか決まるからです。

新規で家を建てた場合には回線がもとから引かれているということはないため、Wi-Fiでのインターネット利用をするためにも回線工事が必要になります。一方、マンションなど多数の人が住んでいる場所については、最初から回線が使えるようになっている場合もあり得ます。スムーズに利用の手続きを進めるためにも購入前に、利用環境がどうなっているのか確認しましょう。

Wi-Fiを導入すべきか例とは

インターネット接続は、パソコンで行うことが多いイメージがあると耳にします。しかし、実際にはデスクトップ型やノートパソコンの他にもタブレットやスマートフォンなどへのインターネット接続を希望する機会も増えています。ところが、タブレットの多くは、有線LANをはめる場所が存在しないものも少なくないのです。加えて、パソコンでさえもLANケーブル差込口がない場合もあります。そのためケーブルを使ってインターネット接続をする方法を導入している場合は、使えないこともあり得るのです。

ではこのようなときにはどうやって、インターネット接続を行えばいいのでしょうか。無線でのインターネット接続がまだ知れ渡っていなかったころ、ネットへの接続方法は先ほど述べたような回線を引く工事を行い、ケーブルで接続したい機器につないで行う方法が主流とされていました。

しかし、スマートフォンやタブレットを主とした有線LAN差込口がない場合は、無線でのインターネット接続が解決策の1つとして挙げられます。Wi-Fiでのインターネット接続の仕組みは、今まで使っていた有線LANで受信していた電波を無線での通信用に変換して利用するという流れです。

したがって、この変換を行うためにルーターというものが必要になってくるのです。据え置き型のルーター単体で使えると思っている方もいます。しかし実際には回線工事が必要になることもあるため、Wi-Fiでの接続を考えている方は回線工事の有無の確認を行う必要があります。

場所ごとの使用

据え置き型のルーターでWi-Fiを使うにしてもインターネット接続を可能にする電波の発信先と契約する必要があります。ここで1つ確認しておきたいことがあります。それはこれから回線を引こうと検討しているところが一戸建ての住宅なのかマンションやアパートなのかについてです。

なぜこの点がWi-Fiの接続に関係するのかというと、マンションやアパートの場合は回線を引くための工事をしなくとも最初から導入されている場合があるからです。自分で新規に家を建てた場合などは、そこに回線が引かれていないため、Wi-Fiでのインターネット接続をするためには回線工事が必要になる場合があります。一方、マンションの場合は、もしもそこが回線の開通工事済みな場合は工事をしなくとも、使いたいと申し込みを行うだけで、使えるようになる可能性もあるのです。

その場合に準備する必要があるのは、使えるように申し込みすることと、Wi-Fiでネットに接続できるように電波を受信するルーターの準備だけあれば即利用可能となる場合があります。とは言え、どこのマンションやアパートも必ず回線を引く工事が済んでいるわけではありません。したがって、引っ越しや新生活でマンションやアパートに引っ越す場合は、事前に使えるのかどうか確認するようにしましょう。

持ち歩きできるルーター

据え置き型のルーターを使う場合には、利用する予定の場所などによってかわりますが、有線でのインターネット接続と同じように回線工事が必要な場合があります。しかし、回線工事をする必要なく、使うことができるWi-Fi利用の方法があることをご存知でしょうか。その方法がモバイルルーターというものになります。

様々な呼ばれ方があるモバイルルーターですが、通常は回線工事をしてその回線から発信された電波を受信してインターネット接続できるようにルーターを使って電波を送るのが据え置き型のルーターを使ったインターネット接続の仕組みです。しかし、モバイルルーターを使ったネットへの接続方法は、このように回線を通して電波を受信するという仕組みとは違うものになります。

モバイルルーターモバイルルーターでのインターネット接続の場合は、電波の発信源である大元の会社の電波をルーター本体だけで受信して使えるようにするという仕組みで、インターネットの接続が可能になるのです。したがって、回線工事が必要な接続方法では回線が引かれている決まった場所でしかインターネットへの接続ができないところが、モバイルルーターの場合は場所を気にせずにインターネットの利用が可能になります。

具体的には、据え置き型のルーターではできない、カフェなどでのパソコン作業や、スマートフォンを外出先で多用している場合にモバイルルーターは特に役に立つと予想されます。

まとめ

人によっては、これからインターネットを利用するのが一戸建て住宅の場合や、マンションやアパートでの使用となる場合など環境は様々なのではないでしょうか。マンションやアパートなどはインターネットを利用する方も多いため、あらかじめ回線工事が済んでいる場合も少なくありません。

ここから、マンションやアパートなど複数の人で住んでいる環境の場合には必ずインターネットの接続環境が整っていると認識している方も多いと聞きます。しかし場所によっては回線工事が必要な場合があり確認していないことによって、後から工事が必要だったおということになりかねません。

無線でパソコンなどの機器へインターネット接続を行うのに便利なWi-Fiですが、少しでもスムーズに接続の準備を進めるためにも、利用する場所の環境の把握は必要になります。また、Wi-Fiでの接続方法は据え置き型のルーター以外にも、モバイルルーターと言って、自宅以外で外出先でも使えるものもあります。これらは自分がどのようにインターネットを利用するのかによってどれにするのか決めると良いのではないでしょうか。