契約早い、引越先でも使える

契約が簡単で早いのもポケットwifiの魅力の一つです。固定回線の開設は回線業者やプロバイダーとの契約が必要で書類もたくさん届きますし、工事の立ち合いが必要になったりするので、すぐには利用できません。ですがポケットwifiなら窓口などで申し込めば、あとはルーターが届くのを待つだけとなります。工事なら1週間後とかになるところが、遅くても2、3日待てば届くようです。この対応の早さも魅力の一つでしょう。

もう一つは引越し先でも心配なく利用できることです。固定回線もポケットwifiも基本は2年契約が主流のようで、契約期間が終わる前に解約するとけっこうな金額の違約金を請求されてしまいます。とはいえ、申し込み時の予定とは異なり、急な転勤や引越しは避けられない面があります。固定回線の場合は解約するしかないところが、ポケットwifiなら引越し先に電波が通っていればそのまま返さずに使うことができます。引越しでもそのまま使えて、解約する必要がないのはとてもありがたいです。引越しの手続きや新生活の準備に必要なものなどを探してネットはけっこう使うからです。固定回線の工事はシーズンによって対応が変わってきます。繁忙期には1か月待ちもざらだとか。

ポケットwifiのメリット

ポケットWi-Fiには様々なメリットがあります。代表的なものを四つにまとめてみました。

外出中でも高速インターネットが使えること。どこにいても持ち歩くだけで高速インターネットを利用できるのが最大の魅力です。近年は大きな都市や有名観光地ならたいてい無料wifiの電波が通っており、接続して利用することはできるのですが、不特定多数が利用するためどうしても回線が不安定になりがちです。しかも毎回登録を求められることもあり面倒です。自前で持参すれば安定した利用が可能であり、ストレスを感じることがありません。スマートフォンを常時使う人にとっては、自前のルーターを使った持参したほうが便利です。

固定回線よりも月額料金が安いことも魅力です。ポケットwifiは月額2,000円~5,000円台の料金で利用が可能で、中には2,000円台後半というコースもあります。ファイルのダウンロードなどの容量を考えれば固定回線の方が優れていますが、大容量のデータのやり取りをしないのなら、ポケットwifiの方が便利で費用対効果が高いです。キャリア三社のスマホの料金体系にはパケット通信料が含まれていますが、決められた通信料を超えると制限がかかってしまい、超低速に切り替わってしまいます。これを避けたいのなら、例えば1GBの追加料金を払うことで高速通信に戻すことが可能です。